昔マクドナルドで「ポテトが少ない!」と怒って店員を暴行した男が逮捕されたニュースがあった。

暴行はまずいけど、最近その気持ちわからんでもないなという体験をしている。


月に数回、漫画のネタを考えに近所のカフェ・ベローチェに行くことがある。

そこでソフトクリームの盛られたコーヒーゼリーをよく頼むんだけど、
このソフトの量が毎回、店員によって全然違うんだよね。

べろ2

メニューの写真には、これくらいのソフトが盛られている。

だけど実際は盛る店員によってかなり誤差が激しい。

大人のにぎりこぶしくらいの量を盛ってもらえた時はうれしいけど、
赤ん坊のにぎりこぶしくらいだった時は思わず「少ねえ!」と叫びたくなる。



そこでちょっと気になったので、この夏はベローチェに行く度ひたすらコーヒーゼリーを注文し続けソフトの量を調査してみることにした。


その結果わかったことは、


・ソフトを多く盛ってくれるのは新人の店員が多い。

そして、

・少なく盛るのは慣れた手つきのベテラン店員が多い。

ということ。


新人の店員は仕事に不慣れなため、適切な量を入れられない。かといって少なく盛ってしまうと、客からクレームが来るかもしれない。そう考え、ついソフトを多めに盛ってしまう。


一方、ベテランの店員は、ソフトを的確に盛る技術に長けている。客のことよりも、店の利益を考えて行動するので、少なく盛ってしまう。


以上が、ものすごくおおまかな見解です。


べろ1

ちなみにこの写真はアルバイトらしい女性店員が盛ったもの。
ほんの少しだけど多い感じ。


今回の調査結果が出てからは、


対応する店員が気弱そうな場合はコーヒーゼリー。

余裕顔の店員の場合はそれ以外のドリンクを頼むようになった。


ベローチェでコーヒーゼリーを頼むときは店員さんにお気をつけを!