UQWiMAXモバイル通信サービス

UQ、「WiMAX 2+」の広告表現を見直し - 「3日間で3GB」制限は緩和して継続
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150714-00000092-mycomj-sci


広告の誇大表現問題でニュースにもなっているUQコミュニケーションズの通信サービスWiMAX 2+ですが、実はちょうど先月から契約してました。





使っていた光フレッツの2年契約が終わったので解約してWiMAXに乗り換えた矢先のこの騒動。たしかに通信に制限があるのに、広告で「ギガ放題」「データ量制限ナシ」と書くのはズルい!ガチャピンもムックも真っ青だ!

とはいえ1ヶ月使ってみていろいろと良い点といまいちな点がわかってきたので書いてみます。

【よかった点】



・思っていたよりもスムーズにネットにつながる

契約前は電波がちゃんと入るか心配でしたが、いざ使ってみたら割とサクサクとネットが使えたので安心しました。ネットサーフィンする程度なら特に問題ないレベルかな。

・部屋がすっきりした

これまで利用していたNTT光フレッツの固定回線はでかい弁当箱みたいなモデムに無線LANルーターをつなげて使っていましたが、WiMAXにしたらこれがなくなり、小さなモバイルWi-Fiルーターとクレードル(接続台)だけになりました。ごちゃごちゃとしていた配線ケーブルもなくなり、おかげで机まわりがスッキリと片付きました。

・どこでも使える

当初は自宅のみで使う目的で契約したんですが、モバイル用のWiFiルーターなので当然外出先でも使えます。カフェでもファミレスでも刑務所でもどこでもOK。たまに外出先でタブレットを使う時に重宝してます。おまけにルーターは重さをほとんど意識しないほど軽いので持ち運びも便利です。


【いまいちな点】



・通信が時々不安定になる

主に深夜に起こるんですが、時々急に数分くらいネットが重くなる時があります。しばらく放置したり、ルーターを再起動させるとたいてい直るんですがちょっとしたストレスになりますね。無線なので不安定になるのはどうしても仕方ないのかもしれません。

・3日で3GBを超えると制限がかかる

今回の誇大広告騒動で一番問題になってるのがこれです。CMでは「ギガ放題」「データ量制限ナシ」と声高に叫んでいたのに、実際は3日間で3GB(ギガバイト)を超えて通信をしてしまうと制限がかかることになっているのです。

普通にネットを使う分にはそこまで気にならないんですが、YouTubeを利用するとわずか5時間で3GBを超えてしまうんですよね。リアルタイムで聴き逃した深夜ラジオをYouTubeで再生しながら仕事をすることが多いので5時間はかなり短い。3GBを超えないようルーターの画面に表示される通信使用量をこまめに確認している自分がちょっとせつないです。



ユーザーをぬか喜びさせておいてからどん底に突き落とすような今回の宣伝手法はとうてい擁護する気にはなれませんが、「まぁ今のところそこそこ問題なく使えてるのでしばらく事態を見守ろうかな・・・」というのが1ヶ月間、WiMAX2+を使ってみた正直な感想です。他に安くて便利なサービスも特に見当たらないので。

でもとにかく通信制限はいち早くなんとかしてほしいよー!