ジャッキー・チェン 歴史
ジャッキー・チェン -ドラゴンへの道-』というDVDを観ました。

2002年にアメリカで制作されたテレビ用のドキュメンタリーらしいです。中古DVD屋で500円で売ってたのを見つけてジャケ買いしました。


ジャッキー・チェン ドラゴンへの道 [DVD]




『ラッシュアワー2』公開前に急ごしらえで作ったような編集でしたけど、過去のジャッキーアクションのダイジェストを見るだけでも気分あがります。ジャッキーの過去から現在(2002年当時)がシンプルに紹介されていてそこそこ楽しかったです。

改めてジャッキー・チェンって自己認識が映画俳優ではなくて、コメディができるスタントマンなんだなーってことを感じました。いい演技をすることよりも、奇抜なスタントでいかに相手を驚かせるかを常に考えてる。

まぁ、そうじゃないとあんなに体中ケガしながら映画作り続けませんよね。

2012年公開の『ライジング・ドラゴン』以降は、演技に重点を置くようになり、体を張った本格アクションからは引退宣言をしてしまったジャッキー。

肉体的な衰えもあるでしょうし(すでに還暦超え!)いたしかたないとはいえ、やっぱりスタントマン魂が強かった頃のジャッキー映画が好きですね。

『ツイン・ドラゴン』
『ポリス・ストーリー3』
『酔拳2』
・・・・

このあたりの作品は思春期ど真ん中の時に劇場で観たこともあって特に思い出深いです。

問題発言をしたり、息子が逮捕されたりと近年はいろいろ叩かれることも多いジャッキーですけど、今後もジャッキーのいちファンとしてひっそり応援し続けていきたいと思います。